サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

工場・倉庫用RTLS

工場・倉庫用RTLS

工場・倉庫用RTLSとは

広いエリアでの所在検知は、アクティブ・タグを使用するRTLSが決め手。RTLS (Real Time Location System) はここ数年さまざまな手法が考案されて、人や物品の所在検知を目的にした普及が始まっています。

RTLSでは、あらゆる環境や条件に適した検知手法や周波数は存在せず、応用の目的に叶ったシステムの選定が求められます。工場や倉庫、物流拠点あるいは大型商業施設などの比較的に広いエリアでの所在検知には、2.4 GHz 帯の検知システムが適しています。電波が100メートル程度の広い範囲まで伝搬して、安定した通信品質を得られるからです。

2.4 GHz 帯のシステムは、対象施設に設置されているWi-Fiアクセスポイントを利用するシステムと、専用のリーダ・アンテナを設置するシステムがあります。いずれも対象物に取り付けたアクティブ・タグとで通信を行い、3点測位でタグの位置座標を計算します。

検知方法としては、電波の受信強度(RSSI: Received Signal Strength Index)を測定して計算をする手法と、電波の到達時間(TOA: Time of Arrive)を 測定して計算をする手法とがあります。受信強度は運用する環境による影響を受けやすく値が不安定で、一般には到達時間による手法がより高い検知精度が得られるとされています。

同一のエリアでの試験において、受信強度による検知精度が約3メートルに対して、到達時間による検知精度が約1メートルという例もあります。

アクティブ・タグにはモーション・センサーが内蔵されているシステムが多く、そのようなシステムではタグが静止するとスリープ・モードに入り、 電池の消耗を抑制できる機能が組み込まれています。システムの導入に際しては、実運用環境で候補となる複数のシステムの同一条件での試験を行って、比較評価をする必要があります。
 


製品ラインナップ

リーダアンカ
位置検出エリアを囲むように配置、アクティブタグと交信しながら座標特定の基準になります。
タグ
入手容易な単四電池で動作、モーションセンサーで余分な電力消費を最小限に抑えます。