サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

固定型2次元コード・リーダ

固定型2次元コード・リーダ

固定型2次元コード・リーダとは

PDF-417、Data MatrixやQRコードに代表されるスタックコード/2次元コードは2000年代に入り急速に普及が進みました。1次元のバーコードに較べると同じスペースに、はるかに多くの情報を盛り込むことができるのが大きな利点です。

半導体ウェハの外周には、ロット番号などの生産履歴を管理する情報がData Matrixでマーキングされています。 
                                     FedEx, UPS など米国系の輸送企業は、航空貨物の配送ラベルに追跡番号や仕向け地など、多くの情報をPDF-417に 印刷して利用しています。またPDF417は、血液などの医療検体検査に使用する試薬を管理する目的でも使用されており、 メーカー名,薬品名,製造年月日,使用期限などが印刷されて厳格な管理に利用されています。

過去殆どの自動認識技術は米国で開発されましたが、QRコードは日本で開発された技術です。QRコードは2000年代までは日本国内でしか利用されていませんでしたが、2010年代に入りスマートフォンの普及とともに、 企業がモバイルサイトURL へ誘導する手段として北米などでも急速に普及が進んでいます。

これらの2次元コードを読み取るリーダは、シンボル画像を小型カメラで撮影してデコードし、その情報を ホストへ伝送する機能をもっており一般に「イメージャ」と呼ばれます。

この技術はインターメック社が基本特許を確立、自社で製品化をするとともに多くの企業にも製造ライセンスを供与しています。
ライセンスを受けた企業の一社、ハンドヘルドプロダクツ社(HHP社,現ハネウェル社)が開発をしたイメージャ・モジュールは様々な企業によって 2次元コードリーダ製品に組み込まれています。

そのうちの一社ジャダック社はHHP社の技術者達が設立した企業であり、2002年にコストパフォーマンスの高い固定型2次元コードリーダを開発しました。


その後マイクロスキャン社などにより超高精細リーダや高速搬送に対応可能なリーダなど、特徴ある製品が次々と開発されています。


製品ラインナップ

ID-20
固定型専用設計では世界最小サイズ、シンボル認識の要求仕様に見合う基本性能と機能をカスタム可能。
ID-30
装置組込時の設計自由度を高めるケーブル引出モデル、シリーズ共通の性能機能カスタム対応を提供します。
ID-40
IP65/67環境性能を持つEthernet対応インダストリアル・モデルは同クラス#1、高難度のDPMまでをカバーする最上位機
MS-4
OEMカスタマイズ対応の基本モデル、小型設計で狭い空間にも取付可能、装置組込用途イメージャ製品。
MS-4X
MS-4をベースにDPM対応Xモード・アルゴリズム搭載、低コントラストやダメージ等で読取困難なシンボルにも対応。
MS-4Xi
MS-4Xのイーサネット対応モデル、通信接続の柔軟性を高めました。
Quadrus-Mini
1.3メガピクセル、機械式オートフォーカス搭載の汎用モデル、半導体ライン用途ESD対策モデル在り。
MINI HAWK HR/HS
低PCSならびにドットピン・マーキング用途のXモードは特にDPMアプリケーションで真価を発揮。
MINI HAWK Xi
MINI HAWKのイーサネット対応モデル、通信接続の柔軟性を高めました。
MINI HAWK 3
3メガピクセル・カメラ搭載、DPM対応の広視野モデルはアプリケーション用途を多岐に広げます。
QX-Hawk
液体可変フォーカス、高輝度照明と3段階レンズ視野対応、高速プロセッサを搭載した最新鋭機。
QX-Hawk Cマウント
Cマウント・レンズ対応のQX-Hawk、専用レンズ照明と組合せることで読取対応力を大幅に向上。
White Reader
手術用具やインプラントにマーキングしたGS1 DataMatrixシンボルを快適に読み取ります。
FM204
小型固定型二次元シンボル・リーダ、コストパフォーマンスに優れ医療分析装置組込で実績在り。
FM5
新型モジュール搭載、医療分析機組込用途を視野に入れた次世代最新モデル
MS-2D Xモードアルゴリズム搭載モジュール
DPMを含む低コントラストで認識が難しいバーコード・二次元シンボルに安定した読取を実現します。
Micro HAWK Engine
Micro HAWKシリーズの外販用コアユニット、OEMカスタムを含め個別対応いたします。