サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

GigEカメラ

GigEカメラ

GigEカメラとは

GigE(ギガイー)カメラとはギガビット・イーサネットカメラの略で、画像処理の国際組織であるAIA (Automated Imaging Association)が定めた 規格GigE Vision に準拠した、画像処理を目的にするカメラの総称。この規格に準拠したGigEカメラをギガビット・イーサネットに接続することにより画像情報の高速通信が可能になり、フレームグラバー等の高価な専用処理ボードが 不要になり安価な画像処理システムの構築が可能になります。

マイクロスキャン社のGigEカメラには同社画像処理ソフトVisionScaprのライセンスキー機能も有してます。ギガビット・イーサネットの転送速度は1 Gbit/s で、非圧縮の画像データをリアルタイムで転送できる帯域が確保されています。
 

この速度は将来、10 Gbit/s への拡張が計画されています。ネットワークに接続されるカメラの数には制限がないうえ、ネットワーク・ケーブル長が100メートルまで 延長可能でありIEEE 1394 やUSBなど、他の通信プロトコルに比較するとさまざまな優位性をもっています。                                                                                                                                            ただしギガビット・イーサネットにはさまざまな規格があり、 規格ごとに使用できるケーブルが異なるので注意を要します。


製品ラインナップ

GigE Camera
VGA(656 x 498 pixels) Mono CCDからQSXGA(2448 x 2050) pixels Colorまで取り揃えてます。