サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

金属対応タグ

金属対応タグ

金属対応タグとは

金属製品に一般的なシール状の 920 MHz 帯のRFIDタグを貼りつけると、リーダから放射される電波が金属で反射をして、タグから放射される微弱な応答波は金属面からの反射波で妨害され、ほとんど検知をすることができません。

また、タグに雨などの水分が付着している場合には、電波が水に吸収されて、リーダから放射される電波も、タグからの応答波のレベルも低下します。その結果、いずれの場合にもRFIDタグの読み取り性能が著しく低下します。

最近、自動車や電機産業の生産および物流プロセスへのRFIDシステムの導入が進んでいます。プロセスでは部品を収納する多くのプラスチック・コンテナが利用されています。電子部品を収納する黒色のコンテナには、帯電防止と静電除去を目的にして炭素が混入されていますが、炭素には導電性があり電波を吸収する性質があります。そのため、炭素入りの容器に RFID タグを貼り付けると、アンテナから放射された電波を吸収するため、水分と同様にRFID タグの読み取り性能が低下します。低下をする度合いは、プラスチックに含有されている炭素の量に依存します。

そのため、UHF帯のRFIDタグを金属面に取り付けて使用したり、水分の多い環境で使用するためには、タグに特別な設計を施す必要があります。

欧州最大の研究開発企業である英国QinetiQの研究者達が設立したOmni-ID社は、QinetiQの前身の英国国防研究庁の時代から研究されていたプラズモン構造体をUHFタグに組み込むことにより、優れた特性をもつ金属対応タグ技術を開発して特許を取得し製品に応用をしています。

またタグに雨などの水分が付着している場合には、水による電波の吸収だけでなく、周波数シフトも問題になります。タグが応答する周波数は、多くの場合920 MHz 近傍にピークを持たせて設計されていますが、水分が付着すると応答のピークがシフトするために読み取り距離が短くなります。従って屋外で運用されるRFIDタグを評価する際には、タグに水を付着させて読み取り試験を行うことも必要になります。

また最近は、工場の生産プロセスで生産部材や仕掛かり品の所在位置を把握したいというニーズが増えてきています。工場での部材や仕掛かり品は、個品ごと、トレーやプラコンなどの容器単位、あるいは台車やカゴ車単位など、さまざまな形態で保管されています。多くの場合、管理対象物は保管場所の情報と組み合わせて記帳したり、その情報をPCに保存したりしていますが、現場では必ずしもその情報通りに保管されているとは限らず、仕掛かり品の数量が多いケースでは工場内を探し回るような、非生産的な作業も多くなっているのが現実です。生産プロセスへのIoTの導入による工場の見える化を推進することにより、生産性を飛躍的に向上させようとする取り組みが活発になっています。

そのようなケースでは、対象物にビーコンなどのアクティブタグを取り付けて所在の検知を行う方法もありますが、アクティブタグは高価なために、特に対象物が多い現場では導入コストが大きくなって現実的ではありません。最近は価格が安いUHF帯のパッシブタグを位置の把握に利用しようとするケースも多く、成果を上げている事例も増えてきています。所在場所を把握する手法としては、固定型のRFIDリーダと各種のアンテナを組み合わせて位置をリアルタイムで検知する手法と、ハンディ・リーダにより必要に応じてバッヂ処理を行う手法とがあります。どちらの手法が適しているかは、管理対象物とRFIDタグの取り付け方法ならびにその保管状態、さらにはシステムの要件や導入コストなどから判断を行うことになります。

1960年代に米国での実用的な利用が始まったバーコードに代表される自動認識技術では、わが国で開発されたQRコードを除くと、ほとんどの技術が米国で開発されています。また米国で普及した自動認識技術は、数年遅れてわが国でも普及期に入る傾向があります。 米国では、2010年ごろからUHF帯のRFIDが産業や流通の広い分野において急速に普及しましたが、わが国での普及は大きく遅れていました。

2012年7月に電波法が改正されて、UHF帯RFIDの周波数が950 MHz帯から920 MHZ帯に移行しましたが、それを契機にしてわが国でのUHF帯RFIDの利用も普及が拡大する兆しがあります。これは過去に開発された自動認識技術のなかでもUHF帯RFIDが極めて画期的であり、その優れた特徴が産業界に認知されるようになったことや、利用する周波数帯が米国やアジア各国と同じ帯域に移行したことにより、RFIDタグやリーダライタ、アンテナなどを海外とほぼ同一の規格で設計し利用することが可能になったことが影響をしています。

しかしRFIDシステムの構築には、バーコードに比較すると高額な費用を要することが課題であり、今後の普及を加速させるためには、RFIDリーダライタやアンテナなど、システムの構築に必要な機器の低価格化が求められています。


金属対応タグ御利用時の注意:

Omni-IDならびにXerafyの金属対応タグはタグの裏面全体が金属表面に接触することを前提に特性調整を施しており、これが本来の使用方法になります。 この状態では円偏波アンテナを用いて読取る際、タグの取付方向性(上下左右)の影響は最少に抑えられます。 しかしタグ裏面の一部分(範囲)のみ金属に触れ、他の部分が浮いている状態ではタグ性能は低下すると共に、取付方向に依り読取性能も乱れ一様性も失われます。 この点を特に注意し、安定したRFIDタグ運用を実現してください。
 


IQ タグ・シリーズ データセンター・オフィスのIT資産管理に利用、厚みを抑えたスリムなラインナップ。
Flex タグ・シリーズ 製造コストを抑えた屋内・半屋外向け金属対応タグ、オフィス・構内の備品管理全般に利用 。
Exo タグ・シリーズ 目的に適した耐環境性とケース形状をラインアップ、工具備品・産業資産・通箱追跡に利用。
Fit タグ・シリーズ 距離性能を保ち小型化に注力、工具備品やレンタル機器追跡、装置内部への組付けも容易。
Adept タグ・シリーズ スチールワイアーやパイプ等への長期固定取付に適した頑強な専用設計品。

IQ タグ・シリーズ

Prox NG
グローバル対応で、世界全地域で利用できます。
IQ300
高さの狭い箇所にも取り付け可能なロープロファイル仕様。
IQ350
小型で薄く様々な資産の管理に利用可能です。
IQ400
細長い形状で曲面にも取り付け可能な金属用タグです。
IQ600
優れた読取距離を持つ、金属・液体用タグです。
IQ800P HT
ハンガー吊り下げワンタイム耐熱ラベルタグ。最高温度230℃/4時間を提供。

Flex タグ・シリーズ

Flex600
少ない面積と厚みを抑えた形状の金属対応タグ。
Flex1200
必要十分なロングレンジ性能をお手頃なコストで提供します。
Flex1200GS
グローバル周波数対応、国際移動するRTI資材管理にも適してます。
Flex1600
FLEXシリーズ最長の距離性能を与えたロングレンジの決定版。

Exo タグ・シリーズ

Exo400 HT
235℃の耐熱性を備え、堅牢性にも優れた小型金属対応タグです。
Exo600
経済性と通信距離を両立、指向性範囲も広く、物流管理用途に最適です。
Exo750
従来の距離性能に加え角度を与えて読み取る際の指向特性にも優れた製品。
Exo750 Concrete
コンクリート構造体に埋め込み建設部材の長期履歴管理に利用します。
Exo800
安定した遠距離性能と耐久性を提供するグローバル周波数対応品。
Exo800P Rigid (非金属用)
プラスチックコンテナやオリコンなどの管理に最適です。
Exo1000
金属面取付だけでなく樹脂面取付や空間に浮いた状態でも十分な性能を発揮。
Exo2000
耐環境性とコストパフォーマンスを兼ね備えたロングレンジタグ。
Exo3000
パッシブタグで最長の通信距離を実現したロングレンジタグ決定版。

Fit タグ・シリーズ

Fit210HT
スリムな形状を活かしラチェット・レンチへの取付等に利用できます。
Fit220HT
耐熱235℃の小型タグ、熱環境下での小型備品・資材管理用。
Fit400HT
金属材料への取付と機材管理全般に利用可能な小型タグです。

Adept タグ・シリーズ

Adept 850
生産プロセスでグローバルに運用できるように設計された大容量メモリータグ。
Adept 400
ケース強度は特筆的、金属ベルトでパイプ等へ固定して利用します。
Adept 360
金属パイプやケーブルに吊下げて使用、スチールケースを採用しました。