サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

RFID固定型リーダ

RFID固定型リーダ

RFID固定型リーダとは

アンテナ4ポート、16ポート、アンテナ一体型など豊富なラインナップ。

RFIDはバーコードに代わる自動認識の有力なツールとして期待をされながら、一般社団法人日本自動認識システム協会の 調査報告によると、過去10年間にわたってほとんど伸びていないのが実態です。

RFIDタグはバーコードに比較して読み取り範囲が広く方向や自由度も高いうえ、リーダからは直接に見えなくても 複数タグの一括読み取りも可能で、読み取りの作業性が極めて高い認識技術です。

RFIDに関連するさまざまな技術や応用の手法が開発されながら全体として伸びていないのは、バーコードが自動認識のツール  としてあらゆる産業に深く定着しているうえ、RFIDタグの価格が期待されたほどには安くなっていないことや、利用をするのに 電波法上の煩雑な申請手続きを要し、毎年利用者に電波利用料が課せられる規制が最大の要因と思われます。

RFIDが現在のバーコードのように定着をするにはこれらの制約要因に抜本的なメスが入れられ、導入へのハードルを低くする  ことが 必要になると思われます。

米国では国防総省や大手流通のウォールマートやターゲットが920 MHz帯のRFIDを標準採用したことが引き金になり、 2006年 以降にUHF帯のRFIDが急速に浸透して市場を拡大しています。

日本でも2012年7月末に950 MHz 帯から920 MHz 帯にUHF帯の周波数が移行し、2013年以降にはゆるやかに拡大をすることが 期待されています。

日本ではUHF帯のRFIDリーダで国産メーカーが多くの実績を残していますが、ワールド・ワイドではインターメック社やイン  ピンジ社など、 米国のメーカーが圧倒しています。これらの2社はRFIDに関連する国際規格の制定でも主導的な役割を果たして おり、各国の電波法に準拠する製品を開発して、世界中どの国でも同じ製品でRFIDシステムを構築できるように配慮をしている のが特徴であり、関連製品は特にグローバル企業に 受け入れられています。

また現在のバーコードのように広く普及をさせるためには、タグの低価格化、ソースタギングの普及、セキュリティの向上など  さまざまな課題が残されています。

無線局免許申請について


製品ラインナップ

CS468-8
業界初16マルチポート標準装備、1アンテナのコストを抑えスマートシェルフ構築にも最適。
CS469-8
4ポートリーダ、お手頃な価格帯は幅広くRFIDアプリ構築時の固定型機としてお使い頂けます。
CS203-8
アンテナ一体型リーダ、1アンテナの仕組作りで抜群のコストパフォーマンスを発揮、POE対応。
UR0100
アンテナを内蔵した小型固定型リーダライタ、RFIDを利用した自動化機械への組み込み、搬送ライン仕分用途に最適。
SAMPO
スマートな薄型タブレットのスタイルはカウンター業務等、デスクワークのRFIDアプリケーションにフィットします。
RFIDテーブルスキャナ
設置場所に困らないコンパクトサイズのテーブルスキャナ。アパレル店舗のPOS業務や、図書館書籍の貸出管理に最適。
Impinj Speedway
UHF帯のリーダで世界的なデファクトと呼ぶに相応しい製品。他の製品に比較して圧倒的に優位な性能をもっています。
E-21組み込みリーダライタ
組み込みに求められる小型化・軽量化・低価格化を実現したUHF帯RFIDリーダライタ。