サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

スマートカメラ

スマートカメラ

 


スマートカメラとは

スマートカメラは、ディジタルカメラに画像処理機能を統合した製品です。


一般的な画像処理システムは、カメラで撮影したディジタル画像をPCのフレームグラバで取り込み、PCのソフトウェアで各種の画像処理を行います。
 

カメラに画像処理機能を統合したスマートカメラでは、まずカメラをPCに接続して実際の画像を取り込み、PC上のエミュレータで最適な撮影条件や画像処理の プロセスを決定して、そのパラメータをカメラにダウンロードします。そしてスマートカメラ単独で、画像処理を実行します。

画像処理はDSPで高速化することも可能であり、生産工程での品質管理プロセスをシンプルかつローコストに実現することが可能になります。

画像処理の機能としては、処理対象オブジェクトの検出や数のカウント、位置や色の同定、寸法や面積の測定、あるいはそれらの情報からの良否判定、 バーコード・2次元コードの読み取り、文字の認識など多岐にわたります。

これらの機能を高速処理し、製品の形状検査や欠陥検出、製品ラベルの検査など、製造工程での品質管理に広く応用されています。

スマートカメラで実行する画像処理開発環境は2種類用意してます。

AutoVISIONと呼ぶ画像処理ビギナー向けのソフトウェア、 そしてVisionscapeと呼ぶスマートカメラの全機能を細かく制御出来る上級者向けソフトウェアです。個々の機能特徴は次の通りです。
 

 

AutoVISION

オートビジョンは操作性に優れたユーザインタフェースにより、簡単に高度な画像処理による測定や検査を行うとともにOCR 読み取りと1D/2D バーコード読み取りを 実行できる最新のビジョン・ソフトウェアです。

ユーザーが簡単な操作で設定を行うだけで、DSP やゲートアレイを利用した高速かつ精密な画像処理による 検査を実行することができます。対象物の位置検出や寸法測定、傷や欠陥の検知による不良検出などをメニューから選び順番に設定を行うことにより、 画像処理の自動検査プログラムを確実に作成できます。

またラベルの位置確認とOCR,1D/2D バーコードのデコード,OCV,シンボル品質グレード検証をインラインで実行、汚れなどの欠陥検査を同時に行う医薬、 食品などの製品ラベル検査、半導体や航空機・自動車部品のダイレクトパーツマーキングの自動認識でも大きな威力を発揮します。

 

 

 

Visionscape

ビジョンスケープは、マイクロスキャンが数十年におよぶ画像処理技術の蓄積により確立したDSP とゲートアレイ技術を最大限に活用したプログラミングの集大成です。

ほぼすべての画像処理機能を持ち、マイクロスキャンのハードウェア製品の性能を最大限に活かして、高度な画像処理による測定や検査を行うことが可能です。画像処理による測定や検査を高性能で行う各種のツールを持ち、さまざまな画像解析を高速に処理することができます。

1 画素を1/64 まで分解して解析を行うことによる サブピクセルツールによる寸法測定や、実際の検査を前提にしてモフォロジーなどの専門的な解析手法を活用することにより、工業用PLC設定同様のプログラミングを 行えます。さらに、検査結果をユーザー独自に設定可能、マシンビルダーのためにカスタマイズをすることもできます。


製品ラインナップ

MV-20
世界最小設計、USB2.0をサポート。バスパワー給電で動作し仮想COMとEtherNetエミュレーション、Winドライバを提供。
MV-30
装置組込時の設計自由度を高めるケーブル引出モデル、IP54ケースを持ち旧マイクロスキャン製品とピンコンパチ。
MV-40
IP65/67環境性能を持つEthernet対応インダストリアル・モデルは同クラス#1、処理能力と豊富なアクセサリーを提供
Vision MINI
小型スマートカメラ、検体分析装置での前処理に必要な色や形状判断を含む各種機能をサポート。
Vision HAWK
液体フォーカス搭載の高性能スマートカメラ、WVGA/SXGAと三段視野調整で幅広い用途に対応。
C-Mount Vision HAWK
Cマウント・レンズ対応のVision-HAWK、専用レンズ照明と組合せることで読取対応力を大幅に向上。
AutoVISION 4.0
インライン検査ISO15415/15416検証,OCV機能に加え新たにカラー処理を追加、処理速度も大幅に向上。