サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

病院経営改善ツールRTLS


病院での医療機器や人の所在検知は、病院経営の改善を図るうえで極めて重要です。

 

医療機器の移動履歴をたどることにより、院内での機器の現在位置を検知するだけでなく、利用状況を把握して機器のより有効な活用や無駄の排除につなげることが可能になります。またスタッフや患者の所在や動きを的確に検知することにより、スタッフのワークフローを把握して医療行為の生産性の向上を図るとともに、患者の安全の向上にも貢献することが可能になります。院内での位置検知の技術とその効果的な応用は、安全で効率的なレイアウト設計やセキュリティ強化など、病院経営の改善に不可欠とされる様々な課題解決に役立てることができます。

 



 

病院内での医療機器や人の所在位置を検知する仕組みには、RTLS(Real Time Location System)と呼ばれる位置検知システムが利用されます。RTLSには、超音波や電波などを利用する方式があり、検知を行う範囲(広さ)や環境に応じて最適な方式が採用されます。

 

 

 

RTLSの方式と特長

超音波 病院のように比較的狭い多くの部屋に仕切られた建物内での位置検知に適します。
電波 工場や倉庫のように比較的広いエリアでの位置検知に適します。
赤外線 非常に狭い空間での高い精度の位置検知に適します。

病院内で位置検知を行う場合、手術室・診察室・処置室・病室・看護士室などが対象エリアとなり、部屋単位で医療機器・スタッフ・患者の所在を特定することが重要です。しかし、電波方式のRTLSは、各部屋の床・壁・天井で電波の反射や透過が生じるため、部屋単位の所在検知には適していません。また赤外線は直接光による交信の方式であり、部屋の構造・設備、あるいは対象となる医療機器その物が交信の障害となる可能性があります。それに対して超音波方式のRTLSは、床・壁・天井を透過しない超音波本来の性質によって、医療機器・スタッフ・患者の所在を部屋単位あるいはエリア単位で明瞭に特定することが可能です。

 

『電波』による位置検知 『超音波』による位置検知

Sonitor社の IPS(インドアポジショニングシステム)は、医療機器・スタッフ・患者の所在を部屋単位あるいはエリア単位で検知するために開発された先進の超音波RTLSです。機器や人に取付けられたタグが一定の時間間隔で超音波ID信号を送信し、病院内に設置されたレシーバーがその信号を受信します。 レシーバーは、タグとレシーバーのIDをヒモ付けしてネットワーク経由でサーバーに伝送を行い、ネットワークに接続されたPCやPDA等のモニター上で、機器や人の位置情報を確認することができます。

 


Sonitor社の IPSは、タグ・レシーバー・ソフトウェアから構成されており、用途・設置環境に応じた製品が用意されています。また、検知された位置情報をフロアレイアウトと共にビジュアルに表示するためのアプリケーションプログラムとのインターフェースも容易に行えるよう設計されています。

 

病院用RTLS紹介へ


医療機器やスタッフ、患者の所在検知を行うためのキーになる技術がRTLSです。米国ではすでに数百の病院で運用されている実績 がありますが、日本ではまだRTLSの導入事例は数件に留まっているの が現実です。IBMは、Sonitor社の所在検知システムを使用 するヘルスケアRTLSソリューションを全米の医療機関向けに提供をしています。

【資料ダウンロード】
1.IBM RTLS Overview
2.Sonitor and IBM