サイレンスネット

provides bar code solutions with always customers first
  • サイトのご利用について
  • english

世界最小サイズ、セルサイズ25μmのDPMにも対応、豊富なオプション設定 MICRO HAWK

  • トップページ > 
  • 世界最小サイズ、セルサイズ25μmのDPMにも対応、豊富なオプション設定 MICRO HAWK

固定型バーコードリーダは主に自動化システムのID認識で利用します。

 

その用途は機械装置への組込実装、ラインコンベア取付等様々ですが、リーダ設置に起因する周辺機器との物理的な取り合いは担当エンジニアの多くが悩むところと言われます。結果として派生するリーダ設置時の制限条件は、エンジニアが機種選定する固定型バーコードリーダへの要求仕様難易度に大きく影響することになります。

 

固定型製品は一度システムに備え付けられると長期間に渡り設置条件・能力仕様に変更が求められることは少ない製品です。

 

このことからエンジニアが求める製品は必ずしも多機能高性能品だけでなく、テーマ毎の処理件数を満たす必要十分な認識能力と、設置条件を満たす光学/電気仕様、全てに無駄なく則した製品である..と私どもは考えます。

 

Micro HAWKは Small-小型省スペース Powerful-強力な認識能力 Agile-的確な機能提供 Intuitive-直感的な操作性 を凝縮したマイクロスキャンの最新製品です。

 




MicroHAWK: Simply Incredible

マイクロスキャンは1982年、世界で初めて半導体レーザ素子を利用した固定型バーコードリーダのメーカとして創業しました。同社は装置組込み用途に適したコンパクト性に優れた製品作りを得意とし、医療/エレクトロニクスを中心に各産業分野で広く御利用頂いております。

 

同社の小型2次元コードリーダMINIシリーズは自動認識アプリケーションの応用分野で長い間御利用頂いてきたベストセラー品です、そして今 ユーザのニーズを深く取り入れた斬新なコンセプトを持つ次世代ラインナップ、Micro HAWKシリーズが新たに加わりました。使い易さと用途に応じた最適なパフォーマンス・機能を提供、精度の高い自動認識ソリューションをお届けする新世代のインダストリアル用途バーコードリーダがMicro HAWKです。

 

クラス最強の高性能画像処理エンジンをビルトインしたMicro HAWK、基本性能・追加アクセサリを用途に合わせてお選び頂けると共に、実装条件やインターフェイス種等の幅広い要求にも対応するため基本モデルを三機種を揃えました。さらに従来は普通に行われていたPCへの機器設定専用ソフトウェアのインストールも不要、その結果OS等の互換性トラブルを廃し、開梱後はPCに簡単に接続し、ブラウザを開くだけで初期操作を開始できます。

 

■ クラス最小インダストリアル対応バーコードリーダ
■ 難度の高いマーキング品質に応じる抜群の読取能力
■ 目的に適した基本プラットフォームを3機種ご用意
■ 性能条件に応じ御選び頂けるオプション機能を提供

 

ID20 ID30 ID40

 

 

Incredibly Small - 小型省スペース

特に装置組込用途で多くの利用実績を持つマイクロスキャン、装置取付時のスペースファクタを意識した製品開発は同社製品の特長でもあります。

 

Micro HAWKは運用条件の厳しいインダストリアル環境でも利用出来る堅牢性を備えた、同クラスでは最も小型で軽量なケースを持ちます。

 

その中でも特にID-40はクラス最小のIP65/67対応バーコードリーダ、優れたパッケージング技術が魅力の一つです。
小型化と同時に固定型リーダに求められる条件の一つに近距離読取が挙げられます。

 

Micro HAWKは高画素5MPのセンサーと近距離に設定した焦点、さらには広角レンズを用いて、近距離に位置した長い全幅の1Dバーコードと高密度極小2Dコードを同時に読取カバーすることができます。

 

 


Incredibly Powerful - 強力な認識能力

擦過や部分欠損で品質維持がクリティカルなシンボル読取にMicro HAWKをお試しください。

 

特殊用途等で外すことのできない品質確保が難しいマーキング方法、そして加工工程上防ぐことの出来ないマーキング劣化による、予想不能な低品質シンボルに対しマイクロスキャンのX-MODEアルゴリズムは極めて強力に機能し抜群の認識率を確保します。 また超高分解能モデルを追加しセルサイズ25μmまでカバーします。

 

自動化システムで処理するワーク毎のシンボルデータをタクト時間内に精度の高いデコードで処理を行うため、Micro HAWKの標準モデルは10FPS(フレーム/秒)のトータルスループットを持ちます。

 

更に搬送アプリケーション等で高速処理を行う際は最大60FPSまで対応可能なオプションを設定しました。

 

 


Incredibly Agile - 最適な機能選択

Micro HAWKは三種類の外装ケースとインターフェイスからニーズに合わせた基本モデルを選択頂けます。次にオプションの中から必要な視野と分解能を共に満たす3種類のセンサと2種類の光学レンズ、そして実装時の制約条件に合わせた焦点距離、目標処理速度を実現する照明構成そしてプロセッサの選択を行います。

 

リーダに求める機能構成をオプションから自由に選択できるユニークな仕組は、様々なアプリケーション要求への各々の適合性と投資効率を高めます。 シンプルな1Dバーコード読取から難度の高いDPM読取まで、ニーズに対し最適な機能条件をMicro HAWKは提供します。

 

 


Incredibly Intuitive - 直感的な操作性

現場におけるMicro HAWKのセットアップとインストールは難しい経験は必要無く極めて簡単に行えます。ID-20はUSB通信ケーブル兼電源を接続しWebブラウザを開けば接続完了、必要な機能を与え実行開始するだけの簡単さです。

 

PC/ラップトップ/タブレットまたはWebブラウザを持つターミナル機器でリーダのセットアップを行い、Webリンクを利用して読取データとシンボル画像をリアルタイムに確認できます。

 

リーダに直接触れることなく遠隔からも設定管理が行え、他の様々な設定ツールと比較しても直観的な操作を提供するWebリンクは極めて利用価値の高い設定モニタリングツールです。

 

 


WebLink User Interface - ウェブリンク・インターフェイスの特長

装置設定と試験そして制御とモニタリング、稼働中のMicro HAWKはネットワークを通じ、マイクロスキャンのWebリンク・ユーザインターフェイスを介してお手元のWebブラウザから監視が行えます。

 

先ずはネットワーク接続した端末から接続先リーダのIPアドレスを叩くだけ、後はセットアッププロセスに従い必要な設定処理を行います。ターゲットシンボル種, 一度に読み取る個数, 停止読みか移動読みか, コントラストの良い一般印刷それとも難度の高いダイレクト印刷か...の条件に対し、照明等の各種パラメータ調整を含め遠隔操作で可能になります。 Webリンクを利用することでソフトウェアやカメラの現場調整を伴わずに複数のMicro HAWKに対しアクセスし、リアルタイムにセットアップが行えます。

 

 

 

 


Superior Barcode Reading for Any Industry

様々な用途に活用できます。